スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTMとパソコンの種類

エレキギターの練習



DTMはデスクトップミュージック、別名コンピューターミュージックというだけあって、
パソコンが必要です。

これは、ギターを弾くのに弦が必要なくらいの重要度で必要ですね。

DTMを行うパソコンは、基本的にはWindows・Macintoshのどちらでも可能です。

稀に、LogicなどのようにMacでしかリリースされていないDTMソフトもありますが、おおかたは両方に対応しています。
なお、フリーソフトなどの選択肢は、機種数の少ないMacに比べるとWindowsの方がやや有利とは言えます。

よく、「ミュージシャンにはやっぱりマック(Macintosh、Mac)がいい」と言う声を聞きますが、
とりあえずDTMの入門ですから手に入れやすいWindowsの方をおすすめします。

もちろん、あなたがマックをもっているのならマックでかまいません。

編集など、その作業内容によっては高スペックのパソコンが必要ですが、基本的な作業だけならば1990年代のパソコンでさえ利用することができるでしょう。

ソフトシンセの重さにもよりますが、目安としてはCore2Duoの2GHz以上あれば大丈夫です。
メモリは2GB以上は必要でしょう。
もし、250GB以上あれば、余裕と言えます。


DTMができるパソコンを購入したいという場合、まず、使いたい機材が決まっている方は、その機材に対応しているかどうかを一番はじめに確認しましょう。

その次に、どんなことに使いたいのか、その目的に合ったものを選びます。

上記で述べたように、内容によっては高スペックのパソコンが必要になりますが、機能が多くなればなるほど、もちろん金額も上がっていきます。

失敗しやすいのは、目的を決めずに商品を選ぼうとすると、機能が豊富なものが魅力的にみえてきます。そこで高額なものを買ってしまっても、自宅で扱ってみたら「その機能をすべて使いこなすのは大変なこと・・・」に気づくのです。

初心者の場合、機能が多すぎて使いこなせないとなると、もったいないことになってしまいますよね。
ですので、はじめに目的をしっかり考えてから選ぶのが大切です。
そうすれば、必要以上に高額なものを選ばなくてすむわけですね。

さらに、なんとなくDTMに興味があるという人は今、パソコンをお持ちなら、
フリーソフトの軽いものを手に入れて、とりあえずやってみるといいかと思います。

DTMは楽器演奏にくらべるとチューニングや練習も必要ありませんが、かといって簡単かというとそこまで簡単ではないのです。
やはり、扱って慣れていかねば、思うような曲ができません。
そこでまずは、簡単な曲をDTM演奏してみて、さらに関心が深まるようならば専用機種を買い求めるといいかと思います。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

DTMとは

エレキギターの練習



DTMという言葉を耳にされた事のある方、またそれを記憶している方は
音楽にかなり関心のある方と思われます。

今、この記事をお読みいただいているあなたもきっとかなりの音楽通なはずですね。

DTMという言葉が流行りだした頃同様な表現が多く使われだしました。
DTPなどがそうです。
これはデスクトップパブリッシングの略で、自宅で印刷できるということですね。

「DTM」という言葉は、デスクトップミュージックの略です。
1990年代から使われ始めたようです。この時代はパソコンが普及しだして
DTPなど、パソコンを使って何でもできるということでマックをはじめ
ウインドウズ、FMタウンなどとにかくパソコンが広まりました。
そんな中音楽も自宅で録音、編集、音源作製が可能ということでいろいろな方法やソフトが出回ったのです。

ここでは、そのDTMについて説明していきます。

DTMと同じ意味で用いられているのは、コンピュータミュージックですね。
DTMに聞き覚えがなくても、コンピュータミュージックなら聞いたことがあるという方も多いかもしれません。
コンピュータミュージックという言葉の方が歴史があるからです。
1980年代から使われています。
テクノミュージックなどはそのひとつでしょう。
シンセサイザーを使用したものや、いわゆる打ち込みというものはその範疇といえるでしょう。

シンセサイザーといえば日本の第一人者、富田勲さんはジャングル大帝の音楽をシンセサイザーで作ったのが1960年代と思いますから、DTMブームの10歩くらい先を行っていたことになりますね。

DTMは、MIDIと呼ばれることがあります。
これは転用であって、本来MIDIは電子楽器間の通信プロトコルを指していました。
しかし、現在はDTMと同義で使われていることの方が多いです。

DTMは、パソコンの画面上の譜面に音符や休符を並べることで自動演奏ができるので、楽器が弾けない人にも演奏が可能です。
これは、音楽の可能性を広めるものだと言えそうです。

最近は、学校の音楽の授業(作曲など)でも使われるようになりました。
楽器が弾けなくても演奏可能ということは、楽器を演奏できない子どもたちにとっても、音楽を身近に感じることができ、音楽に興味を持つきっかけになる可能性があります。
また、パソコン上なので簡単に修正・保存ができることも魅力の一つです。
もちろん、楽器と同じ音色を楽しめるとまではいきません。
けれど、DTMを利用することで作曲(音楽)の楽しさを今までよりも身近に感じられるようになることは確かでしょう。
音楽好きの方だけでなく、音楽好き予備軍のいる教育現場でもこれから普及が進んでいきそうですね。

最近はヒップホップでのDJがサンプリング音源を多様することから、技術も急速に進歩しました。
以前に比べるとMIDI音源もさらに本物に近い音が出てきています。
これからまだまだ、楽しみ方が広がっていきそうなのがDTMなのです。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

ソロギターアレンジ方法

エレキギターの練習



ソロギターの練習も板につき、かなりコピーもできるようになると、オリジナルなアレンジをしてみたくなるものです。
ソロギターアレンジの時がきたのかもしれません。

ソロギターの既存の楽譜を練習して成熟してくると、
「アレンジをしてオリジナリティが出したい」
と感じることがあります。これは当然の欲求といえるでしょう。

せっかくソロならではの独創性を生かして、オリジナリティが前面に出せるソロギターであれば尚の事です。
それを実行に移すにはまずはアレンジしたい曲の全体像をつかむことです。
そして曲の雰囲気を壊さないようにして、どんなイメージでアレンジをしたいのかを決めます。

では、アレンジ方法を説明していきます。

「コード」
コードとは、「トライアド(3つの和音)」の事を指します。
このトライアドの組み合わせを変えてみると、
明るい響きや暗い響きと言ったように曲の印象も変わるのです。
既存曲のトライアドを変化させる事によって、曲全体に抑揚がつき、オリジナリティもアップします。
イメージの違う響きのコードを組み合わせ、つなぎ合わせて曲を作曲していきます。
そしてコードの3つの和音を4つ、5つと数を重ねる事によって、複雑で深い響きのある音を作り出す事も可能です。

「テンションノート」
緊張音とも表現されて、単調なトライアドの響きを1音か2音たす事でニュアンスの違いを生みだし、微妙な変化を曲に与える事が出来ます。
コード進行作成途中にフレーズの中やメロディーで特別に印象的にしたい場合に、テンションノートで表現するアレンジ方法があります。

他に特殊なコードを使い、特に聞かせたい場合や、コード進行が単純な場合に変化を持たせて効果音的に使用します。

「ここぞ!」というタイミングで、短い間だけ鳴らすというアレンジ方法があります。
しかし、アレンジには、こうしなくてはダメという規制はありません。

「あなたのカラー」が出ていると感じるようなアレンジができれば、演奏する自分も、ますます楽しいのではないでしょうか?

アレンジができるようになれば、一曲についても、いくつかのアレンジをもっておくといいです。
同じ曲でもアレンジによって、感じるものが全く変わる場合もあるので、状況に応じてアレンジを変えて演奏するとバリエーションも増えてよりあなたらしい演奏ができるでしょう。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

ソロギターの練習方法は

エレキギターの練習



ソロギターの場合、練習方法もそれにあった方法で行うと上達がはやいものです。

ソロギターを練習する方法を紹介しておきます。

一人でメロディー、伴奏をこなすソロギターの練習は孤独なものです。
淡々と楽譜とにらめっこし、何度も繰り返し音を聞いて再現し続けるといった具合に、一人で音の世界に没頭しながら練習するのがソロギターの練習といえましょう。

実際に良く使われるソロギターの演奏法は次のようなものです。

・単音ピッキング
弦をはじき(ピックを使用し)音をならす事。
ストローク同様、ダウン・アップピッキングがある。
オルタネイトピッキング=ダウン・アップピッキングをリピートする演奏法。

・ハンマリングオン
叩くようにして弦を抑え音を出すテクニック。
ピッキングの音が鳴りやむ前に指をフィンガーボードに叩くようにする。

・ビブラート
音を揺らし表情豊かにする演奏法。
ボーカルの発声方法でも用いられる。
ギターではチョークアップ・ダウンを繰り返す方法と指を左右にスライドさせて揺らす方法。

これらの他にも細かいテクニックがありますが、
ソロギターは1本で曲の全てを表現しなくてはいけないゆえの豊かな表情の演奏力が必須になります。

もし、自分に向いた、「これだ!」という練習曲がある場合は、実際の曲の音源を耳でしっかり聞いて、楽譜を見ながら弾きます。何度も聞いて何度も弾きます。その繰り返しこそ上達への道です。
耳も指も馴染むまで、何度も何度も繰り返して体得して、
そこに細かなテクニックを加えてオリジナルの演奏法を沢山練習してください。

しかし、ここで気をつけなければいけないのが一度に弾く長さなのです。
とにかく一度にいきなり沢山弾こうとするのはよくありません。

最初は繋ぎが悪くても短く、細かく分けて練習してみましょう。ここがポイントなのです。

沢山覚えること、練習することはありますが、
ソロギターの奏者の何人かに尋ねてみたところ、ソロギターの練習法の極意は
「耳コピー」と「採譜」と「弾く」の繰り返しだと同様に言いました。

採譜しながら、オリジナルアレンジができれば、もうあなたも立派な
ソロギタリストです。

そろそろ、ステージでソロギターを聞かせる時期が近いかもしれません。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

ソロギターのチューニング

エレキギターの練習



ソロギターのチューニングの場合、なにを注意すべきでしょう。

一人でメロディー、伴奏をこなすソロギター。
ボーカルも、ドラムも、自分以外の音が何もないソロギターにとって
基礎であって一番大切な最初に行う作業がチューニングです。

チューニングとは実はソロギターだけではなく、楽器と言われるもの全てに、必要不可欠な決まり事なのです。
チューニングは音楽、楽器演奏する全ての人のマナーです。

チューニングの基本について↓
基準音A音=440HZ(ドレミファソであればラ)に
チューニングメーターや音叉を使用してギターの5弦を基準音に合わせる。
そして、その他の弦を5弦を基準にして音を合わせる。
基本の5弦の音に4弦を合わせるには、4弦と5弦の5フレットを押えた音は同音ですので、5弦の5フレットを押さえながら4弦の解放弦の音を合わせていきます。
チューニングメーター使用したチューニングには、基準音、解放弦の5弦の音を合わせます。
チューナーの電源を入れ、スイッチをギターもしくはクロマティックに合わせ、5弦を弾いてメーターが振れるようにペグを回し調整します。
しかし、メーターの振れが無いあまりにペグを回し過ぎて、弦を切ってしまわない様に注意して下さい。

チューニングはこのように進めていきます。
しかし、チューナーメーターの反応範囲は狭く、なかなかチューニングが難しい場合があります。
そこで、基準音A音=440HZ(ドレミファソであればラ)の音をある程度自分の声で覚えておくことが重要です。
自分の声でラの発声をしてチューナーが反応すれば、自分の声に合わせてギターをチューニングしてからチューナーで確認すればペグの巻き過ぎが防止できます。
単にチューニングといえども微調整が必要だったり、時間がかかったりしますが、基準音を体で覚えてしまえば時間もかからなくなります。

この部分は、覚えておくと最初のチューニングをこなす上で時間短縮にもなりますので、ぜひ実践してみてください。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。