スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロギターとは?

エレキギターの練習



ギターーを弾けたらどんなにカッコいいだろう・・・

男性のみならず、女性でも一度は憧れる楽器こそ「ギター」でしょう。
ソロギターはその憧れの最たるものです。

いろいろなジャンルのバンドはありますが、ギターが居ないバンドはほとんどありませんね。
それくらい重要なポジションを占めるギターですが、ソロギターとなるとその重要度はさらに高くなります。

ソロギターは、2、3人で伴奏、メロディーを別々で演奏するのではなく、文字通り一人で演奏するプレイスタイルのことです。
ソロならではの独創性を生かして、オリジナリティが前面に出せるのも魅力の一つといえましょう。
ソロギターの活躍の場はジャンルを問わずに柔軟に参加できる幅広さを生かして、ジャズ、ロック、クラシック、ボサノバ、ダンサー(フラメンコなど)バック、など様々なジャンルで活躍できます。

ソロアレンジのオールマイティーな楽器と考えればピアノもあります。
しかし、場所、手軽さ、プライス・・・を考慮してもやはりギターが優位ではないでしょうか?
自分の好きな曲をソロギターアレンジする、既存のソロギターアレンジ曲を楽しむ、
どちらも、ソロギターならではの楽しみかもしれません。
今では、ソロギターアレンジを紹介しているサイトも多数あるようですので参考にしてみるのも面白いですね。

ソロギターならではの自分と向き合う演奏は、自分の音を、自分の中に落とし込んで、
さらにアレンジを加えたり、音の足し算、引き算、掛け算・・・を繰り返して生み出すメロディーを育てていく楽しみを存分に満喫できると思います。
何処でも、どんな時でも、気軽に自分の世界を表現できるソロギターは奥が深いですね。

ソロギターを初心者が練習する際はまず好きな曲のコピーから始めることをおすすめします。
ソロギターといえば、縦横無尽にギターを弾きまくるアドリブプレイがその醍醐味ですが、
いきなりアドリブプレイに挑戦すると、あまりに我流に陥ってしまい、後が続かなくなります。
まず、お気に入りで、しかも難易度のそれほど高くないギタープレイをコピーしてみましょう。
もちろんそれは、アドリブプレイのコピーでも構いません。

アドリブプレイとはいえ、歴代のギター、アドリブプレイの名曲は実に考え抜かれたものが多く、
そのまま完全コピーされて今でも多くのギタリストが弾いています。

ソロギターでクラシック以外の曲となると良いお手本が多いのが、ブルーグラスギターやラグタイム・ギターです。

なかでもドグ・ワトソンやジャンゴ・ラインハルトのプレイは音質こそ古いものが多いですがその躍動感は今活躍するギタリストもたどり着くことができないプレイでありつづけています。

少し、難しいですがなじみやすい曲をぜひ、コピーしてみてはいかがでしょう。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。