スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者のエレキギターの選び方

エレキギターの練習



初心者のエレキギターの選び方について触れておきます。
エレキギターの種類やアンプの種類、ギタリストとエレキギターの愛称などについてお話してきましたが、そろそろエレキギターを購入する際の選び方のポイントを知っておきましょう。

初心者のエレキギターの選び方は、実は、とても簡単です。
「自分が気に入ったエレキギターを選べばいい」これに尽きます。当たり前といえばそれまでですが。
知識が先走ると自分が気に入ったもの以外のエレキギターに手をのばしてしまう可能性があるので気をつけましょう。
エレキギターを買う場所には、通信販売、中古ショップ、楽器店などいろいろありますが、やはり、楽器店で買うのが一番です。
中古ショップで買うのなら、楽器を専門に扱っているところで買うとことをおすすめします。安いからといってリサイクルショップや質屋さんでの購入は避けましょう。
エレキギターの演奏に慣れて、中古ギターでも良し悪しが分かるほうになれば逆にリサイクルショップなどに掘り出し物が眠っているかもしれませんが、初心者にはまだリスクが高すぎますから。
また初心者には、通信販売もオススメできません。エレキギターの色やデザインは、写真と実物で違うことがありますし、音や重さ、大きさ、手になじむかどうかなど、通信販売ではわからないことが多すぎます。ネットでエレキギターを紹介しながら通信販売をおすすめしないのも辛いのですが(笑)。
エレキギターに限らず、やはり楽器を買う時には、実際に手にとって、音を出してみた方がいいに決まっています。なにより音が第一ですから。
やはり初心者は特に、アフターフォローの行き届いた楽器店で買った方が、後々、助かる事が多いでしょう。わからない時などこまめに答えてくれるものです。
ただ、楽器店で初心者用のエレキギターセットなども安く売られていますが、調整しないと弾きづらかったり、初心者用なのは値段だけなんていうエレキギターも多いのでここは時間をかけて選びたいところですね。初めから高いエレキギターを買う必要はありませんが、3万円から5万円くらいの予算は必要となります。
エレキギターを買う予算が足りないなら、資金が貯まるまでの間、エレキギターのカタログを集めてみたり、ギター雑誌を読んだりして、エレキギターの知識を深めておきましょう。初めてエレキギターを購入する日が待ち遠しくなりますよ。
また、時間があれば自分のお気に入りの一本をみつけるまで、気長にあちこちの楽器店に行ってみてください。お店の方に初心者ということを伝えていろいろ教えてもらうのも良いでしょう。
ある程度、ギター選びのポイントがわかったら、好きなアーティストと同じモデルのエレキギターにするというのも、初心者にはいい選び方です。
エレキギターを買ったといっても、弾けるようになるまでは練習が辛い時もあります。そんな時に憧れのギタリストと同じ(あるいは似た)モデルだと、やる気も出てくると言うものです。

以上で、初心者がエレキギターを選ぶ際の方法の説明を終わりますが、これくらいのポイントを押さえれば失敗することはまずありません。
それよりも、買ったエレキギターに命を吹き込むのはあなたなのですから、情熱をもって弾いていくだけです。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

エレキギターの思い出、忌野清志郎と日本のロック

エレキギターの練習



エレキギター初心者、ギタリストへの道と忌野清志郎とは関係なさそうですが、
忌野清志郎はボーカリストではありますが、ギターへの思い入れもかなりなもので、
RCサクセション時代から彼の詩にはギターがすごい効果的に歌われているんです。

2009年5月2日午前零時51分日本のロックを牽引してきたロッカー忌野清志郎が亡くなりました。
この訃報を聞いたのは3日の朝でした。
ずいぶんと彼の楽曲からも遠のいていたことを悔やみつつ、忌野清志郎への思い出を語ることにします。

エレキギターにのめり込んでた私に、彼の歌は日本のロックの可能性を感じさせてくれたのを思い出します。
それは、私がまだ大学生になったばかりの頃でした。当時のロックといえば洋楽全盛時代。
日本のロックは洋楽と比較されてまだ半人前扱いを受けていた時代でした。
その頃、世良正則&ツイストがヒットしていて、ようやく日本語の歌詞をロックに違和感なく乗せることができるバンドが出てきたと思っていたのです。
でも、今で言うJPOP的なイメージでもあり、ロックバンドというスタンスではなかったのですが。

そんな時、ラジオから流れてきたギターのリフが耳に入った時、金縛りにあいました。
「これ、カッコいいバンドが出てきたな、やっぱ洋楽は凄いわ」
と思いながら聴き入っていると・・・・
なんとボーカルの歌詞は日本語ではないですか!
しかも、それまでに聞いたことがないメロディーと歌詞で完全にロックです。
洋楽に負けないロック!
「出た!こんな凄いロックが、日本語でできるんだ!」
と一人で興奮したのを覚えています。

その歌が「雨上がりの夜空に」でした。

その曲はシングルの「雨上がりの夜空に」だったのですが、

すぐにレコードを買いました、
LPアルバム「ラプソディー/RCサクセション」です。

これには打ちのめされました!全曲、おそらく他のバンドがこれまでに表現できなかった世界をロックで完成させていたからです。
特に「雨上がりの夜空に」はシングル以上のパワーで、今「雨上がりの夜空に」が有名になったのは、シングルからというよりはおそらくこのライブバージョンからでしょう。

エレキギターの話しにようやく入りますが、「雨上がりの夜空に」ライブバージョンではエレキギターがこれ以上の決まり方は無いというほどカッコよく入ってます。
仲井戸麗一のリフはもちろんなのですが、小川銀次のギターが夜空を翔るように後ろで流れるフレーズがカッコよすぎです。
この曲でのギターフレーズはジェフ・ベックとかエドワード・ヴァンヘイレンとかスティーブ・ルカサーとかのフレージングに負けていないと思いますね。

ギターといえば、前述の忌野清志郎の歌詞の話しになりますが、
ラプソディーという曲ほ詩には
「ギターケースひとつのボクの部屋にころがりこんでおいでよ」
という表現があり、
売れないバンドマンがギターを武器に演奏活動をしている
ロックな状況にギターがうまく使われています。

もうひとつ曲名が思い出せないのですが
「やつも落ちぶれたもんだ、レスポールが重くなったんだろう」
みたいな表現の歌詞がありますね。

「ドカドカうるさいロックバンド」だったっけ?

この歌詞聴いた時は思わずニンマリしてしまいました。

エレキギターのレスポールって重たいんですよ。
それを知ってる人には、共感できる歌詞だと思います。

私もレスポールは重たいからギブソンSGとかストラトキャスター
とかが弾きやすいかな・・・・

とか思ったころがありましたが、
この歌をきいてから自分のロック魂が落ちぶれていたと反省したものです。


忌野清志郎から影響を受けた人は数え切れないでしょう。
ミュージシャンはもちろん、芸人にもぐっさんとか、甘ーい、の小川とか。
そして、日本中に忌野清志郎から元気をもらった人がたくさんいるに違いないです。

忌野清志郎というロックの星が逝って、またしばらく寂しくなります。

今回は忌野清志郎を弔うということで、エレキギターに直接関係ない内容となりましたが、
ギタリストとしては彼のロック魂は覚えておきましょう。

ギター演奏にはそうしたエネルギーも必要となってきますから。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

エレキギターにはアンプが必要です。

エレキギターの練習



エレキギターやギタリストについて触れてきたわけですが、
エレキギターに不可欠なのがアンプスピーカーです。

フルアコースティックギターならばなんとかアンプにつながずと
もマイクで音が拾えますが、それはエレキギターではありませんね(笑)

それぞれのエレキギターにあったアンプというか、
ギタリストにあったアンプというものがあります。

合うというのは、ギタリストが自分に納得いくサウンドを作った
そのアンプということになりますね。

ハードロック、へヴィーメタルバンドのギタリストはほとんどが
マーシャルの3ユニットタイプのアンプを使用します。
90%くらいはマーシャルのアンプではないでしょうか?

このアンプは音がまろやかなのに、太く、そして歪み方がナチュラルです。
ガンガン弾きまくる時も、バラッドで聞かせる時にも使います。

他には、ブギーアンプ、フェンダー・ツイン・リバーブ、VOX、
ミュージック・マン、オレンジ、などが使われます。

しかし、これはプロギタリストのこだわりのアンプスピーカーなので、
巷では手に入りにくいし、なにしろ高額です。

やはり、エレキギター入門用にはヤマハやローランドで手ごろなところから
といのが現実的でしょう。
しかし、マーシャルやフェンダー、VOXのものも低価格帯があるので、
音を出してみて比較してみるといいですよ。

ちなみに、エレキギターの近年の神様といえるエドワード・ヴァンヘイレン
がギターキッズに
「ギター上達の秘訣は最初からいいギターといいアンプで
 馬鹿でかい音を出して弾くことだよ」
とアドバイスしていました。

日本じゃ、なかなか難しいかもしれませんが。
参考までに。

今回はエレキギターとアンプについて書きました。
テレビやライブでギタリストを見るときはエレキギターだけでなく
アンプスピーカーも見てみると面白いです。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

エレキギターの日本での全盛期について。

エレキギターの練習



エレキギターの日本での全盛期はやはり1970年から80年でしょうか。

エレキギターが海外で盛り上がったのは、前述のようにジャズ、ブルース、ロックンロール
でギタリストたちがエレキギターを多用したことから始まります。

日本ではまず、ベンチャーズによりエレキギターが広く認識されました。
同時に、ビートルズ、ローリングストーンズなどのロックバンドの影響で
グループサウンズが一世を風靡したのです。
彼らはエレキギターを若者に身近なものと感じさせたのではないでしょうか?

エレキギターの神様が日本にもいるのをご存知ですか?
竹田和夫やチャー、山本恭二、布袋寅泰、高中正義・・・・・
いえ、もちろん彼らも凄いギタリストですが、神様とは呼ばれません。

彼らの大先輩ギタリストの寺内タケシをご存知ですか?
ベンチャーズが流行した頃からほぼ同時期に
エレキギターでライブを行っていたのは彼くらいでしょう。

定かではないですが、ベンチャーズより先だったかもしれません。

凄い数のギター曲、を収録しており、しかもいまだに現役でバリバリ弾いてます。

世界各国でも演奏活動をしており、超絶テクニックはないですが、ありとあらゆる曲を
エレキギターで弾きこなし、ゆるぎない安定したプレーは世界でも評価されています。

日本が世界に誇るギターの神様なのです。


彼は、今、日本中の高校を演奏活動して周っています。
若者に、特に悩み多き年頃の高校生に音楽の素晴らしさを届けようと、
何年もかけて全国を周っています。

ギターのプレーだけでなく、ロック魂も神様なのです。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

エレキギターの神様って誰なのか?

エレキギターの練習



エレキギターの神様という言葉を耳にすることがありませんか?

エレキギター初心者「ギタリストへの道☆」

今回は、ギター自体の内容から少し離れて
エレキギターの神様たち、って誰なのか?を考えて見ましょう。


エレキギターの全盛期は1960年から80年頃といえます。
前述のジャズ、カントリーギタリストのレスポールなど
ジャズ、ブルース界で偉大なギタリスト達が出ました。

BB・キング、アルバート・キング、フレディ・キングの3(スリー)キングなどです。

昨年亡くなったボ・ディドリーなどはそれをロックギターに
発展させました。

やがてロックンロールの全盛期が訪れ、ロックギタリストのパイオニア達、

チャック・ベリー、エディ・コクランなどが出てきます。

そうした意味では彼らはギターの神様といえなくもないのですが、


ロックンロールからロックへとサウンドも変化して、
ディストーションの効いた歪んで太い音、
サスティーンの効いた伸びのある音、
フランジャーやワウといったイコライザーで多彩な音が出せるようになります。

この頃、オリジナリティーに溢れたサウンドと弾きかた、
フレージングで聴く者の度肝を抜いたのが

ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、

ジミー・ペイジ、リッチー・ブラックモア
などです。

特にジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、ジェフ・ベックの3人は
ギターの神様と呼ばれることが多いです。


ただ、彼らは確かに神がかりなギターを弾きますが、他のギタリストも
劣らず強力な面々が揃った時代でした。

この後、ブライアン・メイ、スティーブ・ルカサー、ラリー・カルトーンなど
次世代のギタリストへと続くのですが、それはまたの機会に触れることとしましょう。



現代のギタリストも素晴らしいですが、この頃のギタリスト達には今も
多くのギタリストがインスパイアされています。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。