スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギターピックの種類はいろいろありますよーっ!

エレキギターの練習



エレキギターのピックにも種類があるのをご存知ですか?

ギタリストがよくライブで客席に投げて、ファン達が喜ぶのを見かけますね。
ギターピックは予備も含めてかなりの数を準備しているのです。

エレキギターピックの種類の種類について少し説明します。

エレキギターピックは、大きく分けると、次のようなものがあります。
オニギリ型、ティアドロップ型、トライアングル型、ホームベース型、
そして親指にはめて使うサムピックなどがあります。

エレキギターピックの種類で一般的なのは、
オニギリ型とティアドロップ型でしょう。

エレキギターピックの形や材質、厚さ(硬さともいう)によって、
弾いた時のエレキギターの音色や弾き心地なども変化します。

エレキギターピックの材質として、最も一般的な素材はセルロイドです。
他にも、ナイロンやステンレス、木やベッコウで作られたエレキギターピックがあります。

メーカーによって名称が違うこともありますが、
薄くて柔らかい順から

THIN(シン)
MEDIUM(ミディアム)
HEAVY(ヘビー)
EXTRA HEAVY(エクストラヘビー)

と呼びますが、ハードやソフトなどと呼ぶことも・・・

傾向として、
厚くて硬いエクストラヘビーのエレキギターピックは
早弾きやハードロックのギタリストに好まれ、
薄くて柔らかいシンはアコースティックギターを弾く時に使用されます。

ミディアムとヘビーは、何にでも使える
オールマイティなエレキギターピックです。


エレキギターピックを使い分けることで、
自分の出したいサウンドで弾けるようになるかもしれません。

いろいろなエレキギターピックを使ってみて、
弾きやすい素材と厚みのピックを探すのも楽しいものです。


憧れのミュージシャンが使っているのと同じモデルの
エレキギターピックを使うと、エレキギターを演奏するのがますます楽しくなるでしょう。



ちなみに、エレキギタリストではないですが、長淵剛はハードピック(ヘビー)を好むようです。
ギターをかき鳴らすタイプのギタリストは硬めのピックを使いますね。

逆に、ジャズやポップで軽やかで切れがあるカッティングを必要とするギタリストは
柔らかめのピックを好むのです。

どうでしょうか?
エレキギターのピック、あなたがどのようなサウンドを求めるかで選び方が違ってきますね。

ただ、最初はいろいろなピックを試してみて、感覚を覚えるのも大事です。


では、今回はここまで、ありがとうございました。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。