スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギターソリッドギターとは?

エレキギターの練習



エレキギターソリッドギターについてです。
いよいよ究極のエレキギターっぽくなります。

エレキギターソリッドギターとは、ソリッド(頑強、堅牢、中身の詰まった)という意味の名のように、
フルアコースティックギターなどとは違って、ボディに空洞がなく、木材の板をそのままボディとしている
エレキギターのことです。
通常は、エレクトリックギターという場合、ソリッドギターのことを指しますね。
やはり究極のエレキギターといイメージです。

エレキギターソリッドギターには比較的、ボディが薄く、弦が細い特性があり、
それを生かしたソリッドギター独特の奏法がたくさんあるのです。

また、ソリッドギターは、ボディに共鳴部をもたないために、器具の追加や交換が極めて柔軟にできます。
そのため、ソリッドギターには、多彩なバリエーションが生まれました。
形状も多様で、個性的なデザインのソリッドギターも発売されています。

ソリッドギターとして有名なのは、
ギブソン社のレスポール、SGや
フェンダー社のテレキャスター、ストラトキャスターなどでしょう。
他のソリッドギターではファイヤーバード、フライングV、ムスタングなどもよく知られますね。


ソリッドギターは、ボディの材質によって大きく音色が異なります。
何枚かの板を張り合わせて一枚仕立てのようにボディを作った場合、
組み合わせた木材によって、異なった音色が出るのです。
ボディに空洞がないため、ハウリングが起こりづらく、大きな音で演奏できるため、
ロックのギタリストに好まれています。

1950年代にソリッドギターが登場するまで、
弦の振動をダイレクトにマイクで拾うという発想の楽器はありませんでした。


フェンダー社のブロードキャスター(後にテレキャスターと改名される)と
ギブソン社のレス・ポールにより、ロックなどの現代音楽は生まれたといえるかもしれません。

ソリッドギターといえば、ストラトキャスターをジミ・ヘンドリックスがライブ中燃やしている絵が印象的ですが、
なぜか、ロックギタリストがパフォーマンスで破壊するエレキギターはソリッドギターが多いですね。

というか、ロックギタリストはそれだけソリッドギターを使用する頻度が高いということでしょう。

ちなみに、ディープ・パープルのリッチー・ブラックモアが
ステージ上でストラトキャスターを叩きつけて破壊する時は、フェンダー社純正から、
すばやく、日本製に取り替えていたという話しは有名です。
(日本製も優秀ですので誤解ないように)

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。