スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギターフルアコースティックとは?

エレキギターの練習



エレキギターフルアコースティックとは?

今回はエレキギターフルアコースティックについてです。
これは、アコースティックギターと同程度の空洞部をボディにもつ
エレキギターのことです。フルアコとも略されます。

今でも、ロック系以外のギタリストは
よくエレキギターフルアコースティックを使用します。

最初の頃に開発されたフルアコースティックギターは、
ピックギターのボディに弦振動を電気信号に変えるピックアップを取り付けたもので、
かなり柔らかくて厚みのある音色でした。


ジャズの初期、スウィング・ジャズの頃から
エレキギターフルアコースティックは用いられていて、

バップ形式の演奏などでは現在も主要なギターになっています。
ほとんどバンドのリズムギターとして位置づけられていました。


ただし、そのボディ構造と大きな容積のため、
大音量になるとアンプの音でボディが共振してしまい、
ハウリングが起きやすいという欠点もあるのです。

この構造をうまく使ったのが
ハードロックギタリストのテッド・ニュージェントでしょう。
ハウリングを利用して見事なフィードバックサウンドを出していました。

代表的なエレキギターフルアコースティックとしては、
グレッチのテネシアンやホワイトファルコン、
ギブソン社のES-175やSuper400CESなどが有名でしょう。


エレキギターフルアコースティックは、
ギターアンプを使わなくても、音を出すことができます。

エレキギターフルアコースティックの魅力は、
アコースティックでは出せないような深くて暖かい音色が出せて、
エレキギターでは出せない甘い音や丸い音が出せるところです。

エレキギターフルアコースティックは、ボディの空洞が深く、
音の支点的な木材ブロックが空洞内部にありません。


エレキギターフルアコースティック構造のカジノは、
伝説のバンド「ビートルズ」のメンバーである
ポール・マッカートニーやジョン・レノンが愛用したことでも有名なギターです。

ジャズ界、ブルース界ではこの
エレキギターフルアコースティックを愛用するギタリストの方が多いですね。



テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。