スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTMフリーソフトを使う

エレキギターの練習



DTMをやってみようと思い立ったらまずはDTMフリーソフトで実際にやってみましょう。
そうすると、DTMを体感できますし、面白ければ続ければよいし、自分のイメージと違うと思えばやめればいいわけです。


DTMフリーソフトを探す時には、「DTM magazine」がとても役立ちますので活用するといいです。

「DTM magazine」はDTM初心者向けの情報がたくさん載っている雑誌で、特に、2008年9月号は、「音楽フリーソフトBEST50」というタイトルそのままに、フリーソフトに関してまとまった情報が掲載されていて実践にかなり役立ちました。
バックナンバーが手に入るかどうかは分かりませんが問い合わせてみるといいでしょう。
また、2009年にも同様の企画がある可能性もありますので、それを確認するという手もあります。


フリーソフトは、その名の通り、誰でも使える無料のものです(フリーとは自由ということではなく、無料という意味です)ので、はじめはよくわからなくても、とにかく「習うより慣れろ」です。

あまり考えすぎずに実践して、まずはダウンロードして使ってみるという方が自分にとって必要なものを見極める力が付くのも早いでしょう。
ソフトとの相性というのもあるので、もし合わない時には。また、よくわからないなと感じたら。別のソフトを試してみましょう。

ただ、フリーソフトというものは、無料であるが故に、何か無償で配布する理由があります。
多くはメールアドレスを取得して宣伝に使うということですが、それは当然のことでしょう。
無料で利用する時でも案内をしっかり読み納得してからDLしましょう。


いくつかフリーソフトの実例をあげてみます。

ドラッグ&ドロップするだけで簡単に曲が作れるのが「ACID Xpress」で、これはループシーケンス系DAW、ACIDのフリーウェア版です。

また、DAWの基本性能をおさえた、「Music Studio Producer」、公式サイトで真のソフトウェアスタジオと呼ばれている「Jeskola Buzz」、オーディオの録音もこなせるのは、「 Music Studio Producer 」というフリーソフトです。

それから、ロール画面と呼ばれる音符の長さを棒で表した編集画面から曲を編集できるのが「Domino」。

ネットで検索するとヒットすると思いますので、まずはお試しで使ってみてください。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。