スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTMミキサーとは

エレキギターの練習



DTMミキサーをご存知の方には当然のことでしょうが、
ミキサーというと、調理に使うミキサーと思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。

DTMミキサーというのは、音楽用のものですが調理用のミキサーと考え方は同じなのです。
どちらも、「混ぜるための機械」ということでは、役割は同じともいえなくもないですね。

DTMミキサーを、一言で言うと「音をミックスする機材」なのです。
ミキサーは、複数のオーディオ・ソースを使用したい時に大変便利で、パソコンでの作曲や音楽機材の最も基本と呼ぶ人がいるくらい大事なものなのです。

いまや、このミキサーを使わずに「楽曲を商品化しろ」といわれたら多くのミュージシャンや関係者は戸惑ってしまうでしょう。
それほどに現代の音楽とかかわりが深い機器だといえます。

ミキサーは、入力された複数の音をミックスして、一つの音として出力することができます。
一つの音にすると言っても、入力された音のまま出力するだけではありません。

音のバランスを考えながら、それぞれの音を調節して出力するということができるのです。
つまり、極端にいえば演奏する側の音量や録音する際の音量、さらには音質なども最終的にミキサーで調整できるのです。

入力する一つ一つの部分は、チャンネルと呼ばれ、それぞれのチャンネルをまとめたものはマスターチャンネルと呼ばれます。

ちなみに、ミキサーの使い方については基礎的なことから応用まで様々ありますが、これらを動画で学べるサイトや、図解入りで用途別に詳しく説明してくれているサイトがあるのですからネットの情報は凄いものです。
これらには無料のものもありますので、使い方がよくわからない方は、一度インターネットを使って調べてみるとイメージが沸きやすいかもしれません。

ミキサーの値段は、本当にピンからキリまでさまざまなものがあります。1万円を切るものもあれば、数十万にのぼるものまで音質や性能でランクもいろいろです。

ちなみに、パソコンを使ってDTMレコーディングする場合には、ミキサーを必要としないこともあるようです。
これは、専用ソフトを用いる方法などまたいろいろになりますので、別途情報を集めてみるといいかと思います。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。