スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTMとパソコンの種類

エレキギターの練習



DTMはデスクトップミュージック、別名コンピューターミュージックというだけあって、
パソコンが必要です。

これは、ギターを弾くのに弦が必要なくらいの重要度で必要ですね。

DTMを行うパソコンは、基本的にはWindows・Macintoshのどちらでも可能です。

稀に、LogicなどのようにMacでしかリリースされていないDTMソフトもありますが、おおかたは両方に対応しています。
なお、フリーソフトなどの選択肢は、機種数の少ないMacに比べるとWindowsの方がやや有利とは言えます。

よく、「ミュージシャンにはやっぱりマック(Macintosh、Mac)がいい」と言う声を聞きますが、
とりあえずDTMの入門ですから手に入れやすいWindowsの方をおすすめします。

もちろん、あなたがマックをもっているのならマックでかまいません。

編集など、その作業内容によっては高スペックのパソコンが必要ですが、基本的な作業だけならば1990年代のパソコンでさえ利用することができるでしょう。

ソフトシンセの重さにもよりますが、目安としてはCore2Duoの2GHz以上あれば大丈夫です。
メモリは2GB以上は必要でしょう。
もし、250GB以上あれば、余裕と言えます。


DTMができるパソコンを購入したいという場合、まず、使いたい機材が決まっている方は、その機材に対応しているかどうかを一番はじめに確認しましょう。

その次に、どんなことに使いたいのか、その目的に合ったものを選びます。

上記で述べたように、内容によっては高スペックのパソコンが必要になりますが、機能が多くなればなるほど、もちろん金額も上がっていきます。

失敗しやすいのは、目的を決めずに商品を選ぼうとすると、機能が豊富なものが魅力的にみえてきます。そこで高額なものを買ってしまっても、自宅で扱ってみたら「その機能をすべて使いこなすのは大変なこと・・・」に気づくのです。

初心者の場合、機能が多すぎて使いこなせないとなると、もったいないことになってしまいますよね。
ですので、はじめに目的をしっかり考えてから選ぶのが大切です。
そうすれば、必要以上に高額なものを選ばなくてすむわけですね。

さらに、なんとなくDTMに興味があるという人は今、パソコンをお持ちなら、
フリーソフトの軽いものを手に入れて、とりあえずやってみるといいかと思います。

DTMは楽器演奏にくらべるとチューニングや練習も必要ありませんが、かといって簡単かというとそこまで簡単ではないのです。
やはり、扱って慣れていかねば、思うような曲ができません。
そこでまずは、簡単な曲をDTM演奏してみて、さらに関心が深まるようならば専用機種を買い求めるといいかと思います。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。