スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTMとは

エレキギターの練習



DTMという言葉を耳にされた事のある方、またそれを記憶している方は
音楽にかなり関心のある方と思われます。

今、この記事をお読みいただいているあなたもきっとかなりの音楽通なはずですね。

DTMという言葉が流行りだした頃同様な表現が多く使われだしました。
DTPなどがそうです。
これはデスクトップパブリッシングの略で、自宅で印刷できるということですね。

「DTM」という言葉は、デスクトップミュージックの略です。
1990年代から使われ始めたようです。この時代はパソコンが普及しだして
DTPなど、パソコンを使って何でもできるということでマックをはじめ
ウインドウズ、FMタウンなどとにかくパソコンが広まりました。
そんな中音楽も自宅で録音、編集、音源作製が可能ということでいろいろな方法やソフトが出回ったのです。

ここでは、そのDTMについて説明していきます。

DTMと同じ意味で用いられているのは、コンピュータミュージックですね。
DTMに聞き覚えがなくても、コンピュータミュージックなら聞いたことがあるという方も多いかもしれません。
コンピュータミュージックという言葉の方が歴史があるからです。
1980年代から使われています。
テクノミュージックなどはそのひとつでしょう。
シンセサイザーを使用したものや、いわゆる打ち込みというものはその範疇といえるでしょう。

シンセサイザーといえば日本の第一人者、富田勲さんはジャングル大帝の音楽をシンセサイザーで作ったのが1960年代と思いますから、DTMブームの10歩くらい先を行っていたことになりますね。

DTMは、MIDIと呼ばれることがあります。
これは転用であって、本来MIDIは電子楽器間の通信プロトコルを指していました。
しかし、現在はDTMと同義で使われていることの方が多いです。

DTMは、パソコンの画面上の譜面に音符や休符を並べることで自動演奏ができるので、楽器が弾けない人にも演奏が可能です。
これは、音楽の可能性を広めるものだと言えそうです。

最近は、学校の音楽の授業(作曲など)でも使われるようになりました。
楽器が弾けなくても演奏可能ということは、楽器を演奏できない子どもたちにとっても、音楽を身近に感じることができ、音楽に興味を持つきっかけになる可能性があります。
また、パソコン上なので簡単に修正・保存ができることも魅力の一つです。
もちろん、楽器と同じ音色を楽しめるとまではいきません。
けれど、DTMを利用することで作曲(音楽)の楽しさを今までよりも身近に感じられるようになることは確かでしょう。
音楽好きの方だけでなく、音楽好き予備軍のいる教育現場でもこれから普及が進んでいきそうですね。

最近はヒップホップでのDJがサンプリング音源を多様することから、技術も急速に進歩しました。
以前に比べるとMIDI音源もさらに本物に近い音が出てきています。
これからまだまだ、楽しみ方が広がっていきそうなのがDTMなのです。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。