スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロギターアレンジ方法

エレキギターの練習



ソロギターの練習も板につき、かなりコピーもできるようになると、オリジナルなアレンジをしてみたくなるものです。
ソロギターアレンジの時がきたのかもしれません。

ソロギターの既存の楽譜を練習して成熟してくると、
「アレンジをしてオリジナリティが出したい」
と感じることがあります。これは当然の欲求といえるでしょう。

せっかくソロならではの独創性を生かして、オリジナリティが前面に出せるソロギターであれば尚の事です。
それを実行に移すにはまずはアレンジしたい曲の全体像をつかむことです。
そして曲の雰囲気を壊さないようにして、どんなイメージでアレンジをしたいのかを決めます。

では、アレンジ方法を説明していきます。

「コード」
コードとは、「トライアド(3つの和音)」の事を指します。
このトライアドの組み合わせを変えてみると、
明るい響きや暗い響きと言ったように曲の印象も変わるのです。
既存曲のトライアドを変化させる事によって、曲全体に抑揚がつき、オリジナリティもアップします。
イメージの違う響きのコードを組み合わせ、つなぎ合わせて曲を作曲していきます。
そしてコードの3つの和音を4つ、5つと数を重ねる事によって、複雑で深い響きのある音を作り出す事も可能です。

「テンションノート」
緊張音とも表現されて、単調なトライアドの響きを1音か2音たす事でニュアンスの違いを生みだし、微妙な変化を曲に与える事が出来ます。
コード進行作成途中にフレーズの中やメロディーで特別に印象的にしたい場合に、テンションノートで表現するアレンジ方法があります。

他に特殊なコードを使い、特に聞かせたい場合や、コード進行が単純な場合に変化を持たせて効果音的に使用します。

「ここぞ!」というタイミングで、短い間だけ鳴らすというアレンジ方法があります。
しかし、アレンジには、こうしなくてはダメという規制はありません。

「あなたのカラー」が出ていると感じるようなアレンジができれば、演奏する自分も、ますます楽しいのではないでしょうか?

アレンジができるようになれば、一曲についても、いくつかのアレンジをもっておくといいです。
同じ曲でもアレンジによって、感じるものが全く変わる場合もあるので、状況に応じてアレンジを変えて演奏するとバリエーションも増えてよりあなたらしい演奏ができるでしょう。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。