スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロギターの練習方法は

エレキギターの練習



ソロギターの場合、練習方法もそれにあった方法で行うと上達がはやいものです。

ソロギターを練習する方法を紹介しておきます。

一人でメロディー、伴奏をこなすソロギターの練習は孤独なものです。
淡々と楽譜とにらめっこし、何度も繰り返し音を聞いて再現し続けるといった具合に、一人で音の世界に没頭しながら練習するのがソロギターの練習といえましょう。

実際に良く使われるソロギターの演奏法は次のようなものです。

・単音ピッキング
弦をはじき(ピックを使用し)音をならす事。
ストローク同様、ダウン・アップピッキングがある。
オルタネイトピッキング=ダウン・アップピッキングをリピートする演奏法。

・ハンマリングオン
叩くようにして弦を抑え音を出すテクニック。
ピッキングの音が鳴りやむ前に指をフィンガーボードに叩くようにする。

・ビブラート
音を揺らし表情豊かにする演奏法。
ボーカルの発声方法でも用いられる。
ギターではチョークアップ・ダウンを繰り返す方法と指を左右にスライドさせて揺らす方法。

これらの他にも細かいテクニックがありますが、
ソロギターは1本で曲の全てを表現しなくてはいけないゆえの豊かな表情の演奏力が必須になります。

もし、自分に向いた、「これだ!」という練習曲がある場合は、実際の曲の音源を耳でしっかり聞いて、楽譜を見ながら弾きます。何度も聞いて何度も弾きます。その繰り返しこそ上達への道です。
耳も指も馴染むまで、何度も何度も繰り返して体得して、
そこに細かなテクニックを加えてオリジナルの演奏法を沢山練習してください。

しかし、ここで気をつけなければいけないのが一度に弾く長さなのです。
とにかく一度にいきなり沢山弾こうとするのはよくありません。

最初は繋ぎが悪くても短く、細かく分けて練習してみましょう。ここがポイントなのです。

沢山覚えること、練習することはありますが、
ソロギターの奏者の何人かに尋ねてみたところ、ソロギターの練習法の極意は
「耳コピー」と「採譜」と「弾く」の繰り返しだと同様に言いました。

採譜しながら、オリジナルアレンジができれば、もうあなたも立派な
ソロギタリストです。

そろそろ、ステージでソロギターを聞かせる時期が近いかもしれません。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。