スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロギターの種類について

エレキギターの練習



ソロギターの種類とは、どのようなものでしょう。

実は、ギターの種類は関係なく、一人でメロディー、伴奏をこなし、まさしくギター一本で演奏を完成させてしまうのが、「ソロギター」なのです。

「ソロギター」といえばアコースティックギターを連想しますが、
エレキギターであっても一人で奏でれば「ソロギター」となるわけですね。
アコースティックギターであっても、弦の種類(スチール、ナイロン)でも、かなり音質が変わってきます。

・弦の種類(スチール)
主にフォーク、エレキギターに使用

・弦の種類(ナイロン)
主にアコースティックギター(クラッシクギター)に使用
弦の種類については、大きく分けてこの2つに分類されます。
一般的には、音楽のジャンル=ギターの種類といえます。

そして、ジャンルについては次のようになります。

・主な音楽のジャンル
ソロギター、
とにかくオリジナルアレンジで、自分が心地よく気楽に演奏するスタイル。

ギターインスト
様々なジャンルをクオリティを保ちながら演奏しやすくアレンジしたものだが、アドリブ性は低く、譜面に正確な演奏がされる。

クラシック
クラシックギターを使用し演奏される。
有名曲が多数で、作品として残されている譜面の正確な演奏を求められる。
(アレンジされている曲も多数)

ジャズ
アコースティックギターの使用が大多数。
クラシックとは違い即興性が強い。
最低限のルールに自分のアレンジをその場で乗せて音楽を作り出す。
いわゆるアドリブ。

このように様々なジャンルによって使い分けられるソロギターですが、要は自分の
一番心地よい事、オリジナリティが生かせる事に重点をおいて選ばれてはいかがでしょうか?

ただ、クラシックとなると、それなりに満足いく演奏をするにはやはり、教室などで学んだ方がよいかもしれません。

他のジャズなども教室に通った方が上達が早いのは同じですが、クラシック以外は独学でもある程度は上達できるのです。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。