スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギターコード

エレキギターの練習



エレキギター初心者は、ちょっと抵抗感があるかもしれない、
エレキギターコードについて説明します。

エレキギターコードには、メジャーコード、マイナーコード、パワーコードなどがあります。

エレキギターならではの特徴はパワーコードのような音色でしょう。
基本的には、メジャーコードのメロディは明るい感じで、
マイナーコードのメロディは暗い感じの響きに聞こえるでしょう。

パワーコードはエレキギター初心者向きのコードで、指二本だけで押さえられます。
コードの1度と5度の音だけを押さえるので、ロックなどに適した力強い音が出るのです。

エレキギターのコードは、1度、3度、5度の音で成り立っていて、
メジャーコードかマイナーコードかを決めているのは3度の音になります。
パワーコードは、この3度の音を省略するので、
メジャーコードでもマイナーコードでも同じ押さえ方をするのです。

エレキギターのコードは初心者には難しいですから、
まずはこのパワーコードから入るといいでしょう。
パワーコードをマスターするには、指板の音名表を覚える必要があります。
指板の音名表さえ覚えてしまえば、自分で押さえる位置を探すことができるようになるのです。

メジャーコードには主に、Cメジャーコード、Dメジャーコード、Eメジャーコード、
Fメジャーコード、Gメジャーコード、Aメジャーコード、Bメジャーコードがあります。

マイナーコードには、Cマイナーコード、Dマイナーコード、Eマイナーコード、
Fマイナーコード、Aマイナーコードがあり、それぞれ弦の押さえ方が違うのです。

ギターコードを押さえる時には、左手を使うので、
大抵の人は慣れるまで指が動かないでしょう。
でも、練習していくうちに、少しずつできるようになるはずです。

特に親指を延ばして複数弦を同時に押さえるバレーコード、
セーハなどと呼ばれる押さえ方はエレキギターに関わらず、
ギターの入門の最初の壁といわれます。

最後にアドバイスですが、エレキギターの練習では
できる限り音を大きめに出して行いましょう。
エレキギターのもつ音色や伸びなどその個性を知る上でも音は出すべきです。

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

私もギターをやっていて勉強になりました^^
日記書いてるんでぜひ見に来てください♪

Re: ありがとうございます

> 私もギターをやっていて勉強になりました^^
> 日記書いてるんでぜひ見に来てください♪
ありがとうございます、早速ブログうかがいました。
共同で楽しそうなブログですね。

FC2ポチっとなしときましたよ。
最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。