スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギターチューニング法について

エレキギターの練習



エレキギターチューニング法はまず覚えておきたい技術です。

エレキギターの練習をはじめるにあたって、必要なのがエレキギターチューニング法と弦の張り方でしょう。

弦は購入時に張ってあることがほとんどなので、それが錆びるか切れるかするまではもちますが、チューニングはしっかりやっておかないと変な癖がついてしまいます。


では、エレキギターチューニング法について話していきます。

エレキギターチューニング法には、音叉や他の楽器を使って行うチューニング方法とチューナーという機械を使ってチューニングする方法があります。
チューナーを使う方が、より正確で簡単ではありますが、やはり初心者は音に対する感覚を養うためにも、音叉などを使って自分の耳でチューニングする方法をおすすめします。



音叉は500円くらいで売っているので、まず、音叉を試してみましょう。
やってみて、どうしても音叉でのチューニングができないようなら、その段階でチューナーを使うという心積もりでチャレンジです。
音叉の使い方は楽器店で購入するならば聞けば教えてくれるはずです、また、エレキギターを購入する際にいっしょに買う場合が多いのでその時に教えてもらいましょう。

チューナーの使い方は、機種によって違うので説明書で確認します。まあ、これもお店で聞いておくと間違いないです。


チューニング方法については、いろいろなやり方があるのですが、ここでは初心者向けの方法を説明します。

開放弦チューニングのやり方は、音叉や他の楽器などで、5弦の音をラに合わせます。
次に、6弦の5フレットの音と5弦の開放音(押さえていない状態で鳴らした音)を合わせ、
5弦の5フレットと4弦の開放音、4弦の5フレットと3弦の開放音、3弦の4フレットと2弦の開放音、2弦の5フレットと1弦の開放音をそれぞれ順番に合わせていきます。

当たり前ですが、念のために説明すると、6弦の5フレットの音と5弦の開放音はラ(A)、5弦の5フレットと4弦の開放音はレ(D)というように同じ音階なのです。
それをあわせることでチューニングができるというわけですね。

この時にそれぞれの音階を覚えておくと後でコードなどを練習する時にスムーズに進みますよ。


エレキギターチューニング法には、開放弦チューニングの他に、比較的上級者向けのハーモニクスチューニング法もあります。
これは弦をフレット上で軽く触れて出すハーモニクス(倍音)を使ったものですが、開法弦チューニングをマスターしてから次の段階で覚える感じでいいでしょう。

どちらも覚えたら、普段は自分にとって、やりやすいやり方でチューニングするといいでしょう。

また、新品の弦を張った後にチューニングすると、弦が伸びやすいのですぐにチューニングが狂ってしまいます。
そのため何度もチューニングをやり直さなくてはなりません。弦を指で引っ張ってある程度伸ばしてからすると多少狂いは少なくなります。ただ、新品の弦は時間を置いてチューニングを確認しないとまず、狂っていますので注意が必要です。


新品でもなく、思い当たる原因もないのに、いくらチューニングしても音が合わないようなら、エレキギターのネックが反っていたり、ブリッジの調節が悪いなどの原因が考えられます。

早めにエレキギターを購入した楽器店やエレキギターに詳しい人に相談してみるといいです。


今回のエレキギターチューニング方法を参考にまず、音叉、難しいならばチューナーで実践してみましょう。
はじめはめんどうに感じるものですが、チューニングがうまくできるとギタリストとしてまずスタートが切れたといえるほど大切なことでもあります。

がんばって体得してください。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。