スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者のエレキギターの選び方

エレキギターの練習



初心者のエレキギターの選び方について触れておきます。
エレキギターの種類やアンプの種類、ギタリストとエレキギターの愛称などについてお話してきましたが、そろそろエレキギターを購入する際の選び方のポイントを知っておきましょう。

初心者のエレキギターの選び方は、実は、とても簡単です。
「自分が気に入ったエレキギターを選べばいい」これに尽きます。当たり前といえばそれまでですが。
知識が先走ると自分が気に入ったもの以外のエレキギターに手をのばしてしまう可能性があるので気をつけましょう。
エレキギターを買う場所には、通信販売、中古ショップ、楽器店などいろいろありますが、やはり、楽器店で買うのが一番です。
中古ショップで買うのなら、楽器を専門に扱っているところで買うとことをおすすめします。安いからといってリサイクルショップや質屋さんでの購入は避けましょう。
エレキギターの演奏に慣れて、中古ギターでも良し悪しが分かるほうになれば逆にリサイクルショップなどに掘り出し物が眠っているかもしれませんが、初心者にはまだリスクが高すぎますから。
また初心者には、通信販売もオススメできません。エレキギターの色やデザインは、写真と実物で違うことがありますし、音や重さ、大きさ、手になじむかどうかなど、通信販売ではわからないことが多すぎます。ネットでエレキギターを紹介しながら通信販売をおすすめしないのも辛いのですが(笑)。
エレキギターに限らず、やはり楽器を買う時には、実際に手にとって、音を出してみた方がいいに決まっています。なにより音が第一ですから。
やはり初心者は特に、アフターフォローの行き届いた楽器店で買った方が、後々、助かる事が多いでしょう。わからない時などこまめに答えてくれるものです。
ただ、楽器店で初心者用のエレキギターセットなども安く売られていますが、調整しないと弾きづらかったり、初心者用なのは値段だけなんていうエレキギターも多いのでここは時間をかけて選びたいところですね。初めから高いエレキギターを買う必要はありませんが、3万円から5万円くらいの予算は必要となります。
エレキギターを買う予算が足りないなら、資金が貯まるまでの間、エレキギターのカタログを集めてみたり、ギター雑誌を読んだりして、エレキギターの知識を深めておきましょう。初めてエレキギターを購入する日が待ち遠しくなりますよ。
また、時間があれば自分のお気に入りの一本をみつけるまで、気長にあちこちの楽器店に行ってみてください。お店の方に初心者ということを伝えていろいろ教えてもらうのも良いでしょう。
ある程度、ギター選びのポイントがわかったら、好きなアーティストと同じモデルのエレキギターにするというのも、初心者にはいい選び方です。
エレキギターを買ったといっても、弾けるようになるまでは練習が辛い時もあります。そんな時に憧れのギタリストと同じ(あるいは似た)モデルだと、やる気も出てくると言うものです。

以上で、初心者がエレキギターを選ぶ際の方法の説明を終わりますが、これくらいのポイントを押さえれば失敗することはまずありません。
それよりも、買ったエレキギターに命を吹き込むのはあなたなのですから、情熱をもって弾いていくだけです。

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。