スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギターとは?

エレキギターの練習



エレキギターについてどの程度ご存知ですか?
電器を通してアンプから音が出るのがエレキギターです(笑)失礼しました。
エレキギターとは、アコースティックギターのように
楽器内部の空洞で音量を増幅する原理によるものと違い、
ボディに取り付けられたピックアップ(マイクのようなもの)という装置で
弦の振動を捕らえ電気信号に変え、接続したギターアンプによって、
スピーカから出る音で演奏するギターのことです。


世界初のエレクトリックギターは、Gibson社のES-150だといわれています。
エレクトリックギター、電気ギターとも呼ばれますが、
エレキギターという名称が一般的です。

エレキギターはファズ、フランジャーなどのエフェクターを使うことで、
多彩な表現ができるようになります。

いろいろなジャンルの音楽で、エレキギターは使われていますが、
バンドのように他の楽器と組み合わせることが多く、
ソロや弾き語りに使われることは少ないようです。

エレキギターの音色を決定する最大の要素はピックアップで、
大きく分けると、ハムバッキング(ハムバッカー)とシングルコイルになります。

シングルコイルのエレキギターの音色は、からっとした乾いたようなものになり、
ハムバッキング(ハムバッカー)のエレキギターの音色は、
ノイズに強く、太くて暖かい音色になるのが特徴です。

ハンバッカーで有名なのがギブソン社のレスポールタイプでしょう。
これはエレキギターを有名にしたジャズギタリスト「レスポール」が使用したことから
レスポールと呼ばれるようになりました。

ギブソン系のエレキギターはハムバッカーが多いのに比べて、
フェンダー系のエレキギターはシングルコイルが多いともいわれています。
モダンなスタイルのエレキギターの中には、シングルコイルとハムバッカーの
両方を搭載したモデルも多いのです。

エレキギターは、ボディの構造によって、
ホロウボディギターとソリッドボディギターに大別することもできます。


エレキギターを始める初心者、またはエレキギター知識入門には
こうした部分を押さえておくと面白くなってきます。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。