スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古エレキギターの選び方の基本

エレキギターの練習



中古エレキギターの選び方にもコツがあります。

初心者のエレキギターの選び方では、初めは中古は避けた方が良いとお話しましたが、エレキギターにも慣れてきて二台目以降の購入で中古を考えることもあります。

今回は中古エレキギターの選び方について書いてみました。



中古エレキギターの選び方の基本は、まず、通販は避けた方が良いということです。

中古エレキギターだからこそ、より実際に手に持って弾いてみることです。

新品であっても一本ごとに音が違うエレキギターを通販で、しかも、自分の目で状態の確認ができない条件で中古で買うのは、かなりのリスクがあるといって過言ではありません。



中古のエレキギターを選ぶ時には、とりあえず、値札を確認してください。
これは中古のエレキギターの中にはビンテージ物などでとんでもなく高いギターがあるからです。
桁を間違えないようにしっかり確認する注意が必要です。



中古といえども、エレキギターを触る前には、店員さんに許可をもらいましょう。
お店にとっては大切な商品なのですから、勝手に弾いたりしてはいけません。

エレキギターを傷つけないように、ベルトのバックルやボタンなどにも、気を配りましょう。
ピックを使わせてもらう時にも、ちゃんと店員さんに確認してから使うのがマナーです。

前述のビンテージ物などに気づかずに勝手に試奏して、傷をつけてしまったら新品よりも厄介なことになりかねません。くれぐれも許可をもらってから弾いてください。


試してみたい中古のエレキギターが決まればネックの痩せがないかチェックした後、チューニングしてから5分くらい試奏します。
あまり長時間の試奏は迷惑になるので、長くても10分程度にしておいてください。


音はアンプによっても変わってしまうので、小さめの音で弾いてみる方がわかりやすいです。
・・・ていうか、楽器店で大音量はやっぱり避けましょう。ロッカーといえど迷惑をかけてはいけません(笑)

弾き心地やバランスなどを重視して、各ポジションを弾いてみます。ギターストラップで自分の体にかけてみるのも大切です。多少の不具合は調整やパーツの交換で解消される場合もあるので、気になった点は店員さんにきいてみるといいでしょう。

中古エレキギターを選ぶ時には、このように細かいチェックポイントもあり初心者には良し悪しがわかりにくいのが正直なところですね。出来る限りはエレキギターに詳しい人についていってもらうのがベストといえるでしょう。

中古エレキギターを選ぶ動機にはおおまかに二つあるといえます。

「安くて良いものを見つけたい」か「めったに手に入らない掘り出し物を見つけたい」でしょう。

初心者の場合はほとんどが後者と思います。
今回の中古エレキギターを選ぶ基本ではそうした後者の場合に役立つ内容です。

できれば新品の方がある程度正しい感覚を身につけるまでは良いのですが、たとえば、「カッコいいエレキギターなのに安かった」となるとやはり機会を逃したくないのが人情でしょう。
そんな時に今回の内容を参考にされてください。
スポンサーサイト

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。