スポンサーサイト

エレキギターの練習



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギターにはアンプが必要です。

エレキギターの練習



エレキギターやギタリストについて触れてきたわけですが、
エレキギターに不可欠なのがアンプスピーカーです。

フルアコースティックギターならばなんとかアンプにつながずと
もマイクで音が拾えますが、それはエレキギターではありませんね(笑)

それぞれのエレキギターにあったアンプというか、
ギタリストにあったアンプというものがあります。

合うというのは、ギタリストが自分に納得いくサウンドを作った
そのアンプということになりますね。

ハードロック、へヴィーメタルバンドのギタリストはほとんどが
マーシャルの3ユニットタイプのアンプを使用します。
90%くらいはマーシャルのアンプではないでしょうか?

このアンプは音がまろやかなのに、太く、そして歪み方がナチュラルです。
ガンガン弾きまくる時も、バラッドで聞かせる時にも使います。

他には、ブギーアンプ、フェンダー・ツイン・リバーブ、VOX、
ミュージック・マン、オレンジ、などが使われます。

しかし、これはプロギタリストのこだわりのアンプスピーカーなので、
巷では手に入りにくいし、なにしろ高額です。

やはり、エレキギター入門用にはヤマハやローランドで手ごろなところから
といのが現実的でしょう。
しかし、マーシャルやフェンダー、VOXのものも低価格帯があるので、
音を出してみて比較してみるといいですよ。

ちなみに、エレキギターの近年の神様といえるエドワード・ヴァンヘイレン
がギターキッズに
「ギター上達の秘訣は最初からいいギターといいアンプで
 馬鹿でかい音を出して弾くことだよ」
とアドバイスしていました。

日本じゃ、なかなか難しいかもしれませんが。
参考までに。

今回はエレキギターとアンプについて書きました。
テレビやライブでギタリストを見るときはエレキギターだけでなく
アンプスピーカーも見てみると面白いです。
スポンサーサイト

テーマ : エレキギター
ジャンル : 音楽

最新記事
カテゴリ
ブログランキング
今日の人気ブログ!
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。